血糖とインスリン | 糖尿病のすべて

糖尿病のすべて > 血糖とインスリン

血糖とインスリン

糖尿病は、インスリン作用の不足によりブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなっている状態。
治療せずに放置すると、様々な合併症を引き起こす可能性が高くなるため、軽い糖尿病でも放置しないことが大切です。

人間は、食べ物から栄養を摂取して、生命活動を維持しています。
食べ物の中でも、ご飯やパン、麺類などの炭水化物は、体を動かすためのエネルギー源となります。

炭水化物は消化されるとブドウ糖になり、小腸から吸収されて血液中に入ります。
そのため、食後は血糖値(血液中のブドウ糖の量)が高くなり、運動後などは筋肉でブドウ糖が使われるため、血糖値は下がります。

通常は、食事や運動をしても、血糖値は適当な範囲に調節されています。
血糖値が上がると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値をコントロールしているのです。

インスリンは、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌され、血液と一緒に全身に運ばれます。
インスリンの働きで、ブドウ糖は肝臓に蓄えられます。
筋肉では運動のためのエネルギー源として使われたり、余った分はグリコーゲンや脂肪として蓄積されます。

激しい運動の後などで血糖値が低くなり過ぎた場合は、グルカゴンやアドレナリンなどの血糖値を上げるホルモンが分泌されます。

糖尿病は、インスリンの作用が不足し、ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなる状態。
原因には、インスリンの分泌が少なくなるインスリン分泌不全、分泌されても筋肉や肝臓で正常に働かないインスリン抵抗性などがあります。