血糖検査 | 糖尿病のすべて

糖尿病のすべて > 血糖検査

血糖検査

糖尿病は、血糖値が高い高血糖状態が続くため、確定診断には血糖検査が行われます。
血糖検査では血液を採取して、血糖値を調べます。

糖尿病は、血糖値が高い高血糖状態が続くため、確定診断には血糖検査が行われます。
血糖値は食事や運動などにより変化しますが、朝食前の血糖値が110mg/dl以上になることは、ほぼありません。
また、食後2時間後の血糖値が140mg/dl以上になることもありません。

糖尿病は、血糖値が高い高血糖状態が続くため、確定診断には血糖検査が行われます。
そのため、朝食前(空腹時)の血糖値が126mg/dl以上、食後の血糖値が200mg/dl以上の場合、糖尿病の疑いがあります。
口の渇き、多飲、多尿、体重減少などの症状があれば、糖尿病と診断されます。
症状がない場合は後日に再度、血糖検査を行い、血糖値が高場合に糖尿病と診断されます。

経口ブドウ糖負荷試験

それでも診断できない場合は、「経口ブドウ糖負荷試験」が行われます。
成人の場合は、ブドウ糖液(75グラムのブドウ糖)を飲み、30分ごとに2時間後までの血糖値の変化をチェックします。
子供の場合は、体重1キロあたり1.75グラムのブドウ糖液を飲んで検査します。

糖尿病は、血糖値が高い高血糖状態が続くため、確定診断には血糖検査が行われます。
経口ブドウ糖負荷試験の結果は、「正常型」「境界型」「糖尿病型」に分類されます。
正常型は、糖尿病の心配はありません。
境界型は、経過の観察が必要になってきます。
糖尿病型は、糖尿病の可能性が高いため、後日再度検査を行います。

境界型

「経口ブドウ糖負荷試験」で「境界型」と判断された場合は、その後の経過を観察することになります。
境界型のまま長く続くこともあれば、正常型に変わる人もいます。

糖尿病は、血糖値が高い高血糖状態が続くため、確定診断には血糖検査が行われます。
しかし、糖尿病は必ず境界型を経て発症するため、境界型の方は糖尿病に向かっていることになります。
正常型の人よりも発症する確率も高くなっているため、糖尿病予備軍と考えておきましょう。

糖尿病は、血糖値が高い高血糖状態が続くため、確定診断には血糖検査が行われます。
また、境界型の方は高血圧や高脂血症の症状を持っていることが多く、動脈硬化性疾患の危険性も高くなります。
予防のためには、太ったり、運動不足にならないように、規則正しい生活習慣が大切になってきます。
軽く考えずに、医師の指導を受けながら、注意して生活しましょう。