神経障害 | 糖尿病のすべて

糖尿病のすべて > 神経障害

糖尿病神経障害

高血糖が続くと、インスリンの働きが悪くなり、ブドウ糖がポリオールという物質に変わり、神経に溜まります。
さらに、神経周辺の血管が阻害され、神経の信号の伝達が悪くなります。

これを「糖尿病神経障害」と呼び、手足の末梢神経が阻害される「末梢神経障害」と、自律神経が阻害される「自律神経障害」に分けられています。

末梢神経障害

末梢神経は、手足を動かしたり、感覚を司っています。
体中に張り巡らされている神経であり、高血糖の状態が続くと、足の裏に何かが張り付いたような違和感を覚えたり、しびれやほてり、痛みなどの症状が出ます。

症状が軽い場合は、血糖コントロールをすることにより、改善することが可能。
症状が重い場合は、夜に寝れないほどの痛みを感じたり、反対に足の感覚が麻痺して靴ずれやタコなどができても痛みを感じなくなってしまいます。
治療が遅れると壊死してしまう場合もあるので、なるべく早めに医師に相談しましょう。

自律神経障害

自律神経は、胃腸や血圧の働きなどを調節している神経であり、自分の意思とは関係なく動いています。
自律神経が阻害されると、胃もたれ、便秘、下痢、立ちくらみなどの症状が出ます。
心臓の働きも自律神経によって調節されているため、心筋梗塞の危険性も高くなる場合があります。

初期症状の場合は、血糖のコントロールで改善することが可能です。