細小血管症 | 糖尿病のすべて

糖尿病のすべて > 細小血管症

細小血管症

糖尿病の合併症である細小血管症は、細い血管が詰まったり、血管から漏れてしまう特徴があります。
糖尿病発症後の期間が長いほど、起こりやすくなり、高血圧の場合はさらに進行が早くなります。

早期の合併症であれば、血糖のコントロールをきちんと行えば改善されます。
ただし、ある程度進行してしまうと、改善は難しくなるでしょう。

また、目には細い血管がたくさんあうため、糖尿病網膜症を起こしやすくなります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、主に以下の3種類があります。

■網膜症
網膜の血管に異常が出る病気。
進行すると、失明の危険性もあります。

■白内障
水晶体が白く濁る病気。

■緑内障
虹彩に異常が起こる病気。

糖尿病網膜症の種類

糖尿病網膜症は、進行具合により、以下の3種類に分けられます。

■単純網膜症
網膜の毛細血管に毛細血管瘤(小さなこぶ)ができ、それが破れて小さな出血が起こります。
血液の成分が染み出た白い斑点も見られます。
ただし、視力には影響しないため、発見には眼底検査の必要があります。
血糖のコントロールを行えば改善できるため、この段階で治療することが大切。

■前増殖網膜症
単純網膜症が進行すると、毛細血管が細くなったり、詰まったりします。
また、染み出た血液の成分が綿状になり、出血斑も見られるようになり、視力に影響します。
この段階になると、血糖のコントロールだけでは改善が難しいため、レーザーで網膜を焼いて進行を止めるなどの治療が必要になってきます。

■増殖網膜症
網膜症がさらに進行すると、毛細血管の流れが悪くなり、酸素が十分に供給されなくなり、新しい血管が作られます。
この血管はとても脆く、破れると大量出血の原因になります。
この段階になると、視力が極端に低下します。
さらに症状が進むと、網膜剥離の危険性もあります。
治療には、手術を行う必要があります。