動脈硬化 | 糖尿病のすべて

糖尿病のすべて > 動脈硬化

動脈硬化

動脈硬化は、動脈の弾力性がなくなり、血管が詰まりやすくなった状態。
年齢を重ねると共に誰にでも起こる症状ですが、糖尿病や高脂血症のある場合は、早く進行してしまいます。

血液中のコレステロールや中性脂肪などは、特別なたんぱく質と結合して「リポたんぱく質」として存在します。
LDLというリポたんぱく質に付いているコレステロールは、動脈硬化を促進する働きがあるため「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
反対に、HDLというリポたんぱく質に付いているコレステロールは「善玉コレステロール」と呼ばれていて、余分なコレステロールを取り除き、動脈硬化の進行を抑制する働きがあります。

また、動脈硬化の危険因子には、糖尿病の他に高血圧、肥満、加齢、喫煙などがあります。
これらの危険因子が重なることで、動脈硬化が促進し、脳卒中や心筋梗塞などの病気にかかりやすくなります。