2型糖尿病の原因 | 糖尿病のすべて

糖尿病のすべて > 2型糖尿病の原因

2型糖尿病の原因

2型糖尿病の原因は、以下の2つに分けられます。

・インスリン抵抗性(インスリンの働きが悪化する)
・インスリン分泌不全(肝臓のB細胞の働きが悪くなり、インスリンが作られなくなる)

インスリンの働きは、筋肉・肝臓・脂肪組織などの細胞がブドウ糖(血糖)がエネルギーや脂肪を作るために必要です。
インスリンが働く細胞には、それを受け取る受容体があります。
この受容体にインスリンが結合して、ブドウ糖などの栄養素が細胞で効率よく利用されます。

しかし、肥満や運動不足などが原因で、受容体から細胞に情報が伝わらず、インスリンの働きが悪くなってしまいます。
この状態を「インスリン抵抗性」と呼んでいます。

2型糖尿病は、膵臓のB細胞、または受容体のどちらが悪くなっても発症します。
ただし、多くの場合はどちらも悪くなっています。

2型糖尿病になりやすい人

2型糖尿病は、40代以上の方に多くなっています。
しかし、最近では、子供や若い人にも多くなっています。

また、過食・運動不足・肥満・ストレス過多・アルコール過多のある方に多くなっています。
日本人の糖尿病患者の約95パーセントは、この2型糖尿病に分類されます。

2型糖尿病の症状

2型糖尿病は、自覚症状が無いまま、ゆっくりと進行していきます。
2型糖尿病と診断されれば、食事療法や運動療法で血糖値を正常に戻すことは可能です。
しかし、5年~10年と長期化してしまうと、インスリンの分泌や働きが悪くなり、症状も悪化してしまいます。
治療法には、内服薬やインスリン注射が必要になる場合もあります。