糖尿病のすべて

糖尿病のすべて

糖尿病の原因・治療法

糖尿病は、紀元前16世紀(約3,500年前)のエジプトの古文書「パピルス」にも書かれていた病気。
長い間、人類を悩ませてきた病気ですが、糖尿病の原因や治療法などが分かってきたのは、つい最近(19世紀末)です。

1889年、ドイツ人のフォンメーリング博士とミンコフスキー博士は、犬の膵臓を摘出すると糖尿病になることから、糖尿病の原因は膵臓にあると考えました。
その研究の結果、膵臓で作られるインスリンの不足と、インスリンが十分に働かないことが原因ということが分かりました。

1921年には、カナダのバンティング博士と医学生によってインスリンが発見され、1922年からインスリンの臨床応用が始まりました。

現在では、糖尿病の原因や治療法が解明されていますが、現代医学でも糖尿病の症状を抑えて、合併症を防ぐことは簡単ではありません。
しかし、大切なのは、糖尿病の症状や予防法・治療法を知り、それを正しく実践することです。

糖尿病は、自分で管理する病気であり、チームでケアする必要があります。
患者と家族が協力することはもちろん、医師・看護士・栄養士・薬剤師などの専門家がそれをサポートをします。
自己管理とチームワークが上手くいけば、糖尿病の症状を改善させることは可能です。

このサイトでは、糖尿病の原因・症状・合併症・予防・治療などについて、詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。